MotorGuideの関連情報

もっとMotorGuide! 〜2013 NAMIKI CUP〜

みなさんこんにちは。MotorGuide愛用者の塩谷みなです。

秋も深まってきましたが、まだまだ釣りのイベントが沢山開催されていますね。
前回お知らせした『NAMIKIカップ』のレポートをアップします。

毎年大勢の参加者で賑わうNAMIKIカップに、今年も参加してきました。
世界の並木プロとトーナメントで戦えるなんて、考えただけでワクワクしちゃいます。
今年はペアでのエントリーで、船ごとのウェイトを競うことになりました。
パートナーを探そうと、利根川に詳しいお友達何人かに声をかけてみたのですが、みなさん既に同船者が決まっていて、あっさり振られてしましたw

試合には絶対出たいと思っていたので、ノンボーターとしてエントリーしてみたところ、抽選でTBCに出場されている吉田雄一さんの船に乗せて頂けることになりました。
最初に入った支流の、水がキレイな場所に行くと、ベイトが沢山いるのがわかりました。
吉田さんにはバイトがあるのですが、私には渋い反応で、毎度のことながら利根川の厳しさを確認するような展開に…(>_<)
わりと粘ってはみたのですが、利根川バスを手にできず移動。
テトラエリアでもバイトのみで、いよいよ魚をとれずに終わってしまうのかも(ToT)と思いはじめたころ。
次の杭エリアで、隙間に入れたノーシンカーに、ドヨンとした重みが伝わりました!
この魚を逃しちゃならないと思うと、正直とても怖かったですw
それでも、なんとか取り込んでウェイインしたバスは714gでした。
大きくはないけれど、私には、すごく嬉しい一匹になりました。
吉田さん、ありがとうございました。

並木プロは、抽選で幸運を引き当てたノンボーターの方と、それぞれとても美しいバスをウェイインされていました。
とてもいいバスだったので、ウェイインの写真を載せたかったのですが、ベストショットを逃してしまったので(スミマセン(ToT))、スタート前に撮らせて頂いた写真と、その日の利根川攻略について語る姿をアップさせて頂きます。

利根川は、季節や魚の習性だけでなく、タイダルリバーの”タイミング”が、いろんな要素を持って魚のつき場を変えていきます。
だいたいは辛い展開が多い気がしますがw、何度出場しても、利根川の『NAMIKIカップ』は楽しいです。

エントリーすれば、ノンボーターにもチャンスはあります。
もしかすると、並木プロのバックシートでトーナメントに出られるかもしれませんね(^-^)b

« »