エレキ初めて講座

ここでは、エレキ使用時の不安や疑問を解消するため超初級の用語解説からフィールドでの使用方法を動画をまじえてわかりやすく説明しています。
各動画ファイルには要点をまとめたPDFが付いていますのでプリントしてお使いください。

はじめに

「エレキ購入前に知っておくこと」

エレクトリックモーターには大きく分けて2種類のタイプがあります。 主に手で操作するハンドコントロー と、足で操作するフットコントロールタイプです。

  • フットコントロールタイプ
  • フットコントロールタイプ

    足で方向転換やパワーの増減をコントロールします。両手を自由に使うことができるので、釣りをしながらの移動が可能です。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ハンドコントロールタイプ

    ハンドルグリップで前進&後進や方向転換などの操作を行うので、初めてでも簡単に操船できます。

フットコントロールエレキの基礎知識

  • フットコントロールタイプ
  • ●ポンド数・ボルト数

    ポンド数とは推進能力のこと。30ポンドから105ポンドまであるので、ボートの規模で選びます。 大きなバスボートなら大きなポンド数の方がいいですし、レンタルボートのような軽量ボートは36ポンド前後でも十分に使用できます。 ボルト数とはエレキを動かすのに必要な電圧を表しています。 各機種のヘッド部分にポンド数やボルト数が記載されています。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ●フットコントロールペダル

    前後にシーソー式に傾けることで方向転換する仕組み。このペダルを前に踏み込むと右方向へモーターが方向転換、後ろに踏み込むと左方向へモーターが方向転換し、ちょうどペダルが水平ぐらいの位置でまっすぐ直進方向となります。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ●フットコントロールペダル

    前後にシーソー式に傾けることで方向転換する仕組み。このペダルを前に踏み込むと右方向へモーターが方向転換、後ろに踏み込むと左方向へモーターが方向転換し、ちょうどペダルが水平ぐらいの位置でまっすぐ直進方向となります。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ●フットコントロールペダル

    前後にシーソー式に傾けることで方向転換する仕組み。このペダルを前に踏み込むと右方向へモーターが方向転換、後ろに踏み込むと左方向へモーターが方向転換し、ちょうどペダルが水平ぐらいの位置でまっすぐ直進方向となります。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ●フットコントロールペダル

    前後にシーソー式に傾けることで方向転換する仕組み。このペダルを前に踏み込むと右方向へモーターが方向転換、後ろに踏み込むと左方向へモーターが方向転換し、ちょうどペダルが水平ぐらいの位置でまっすぐ直進方向となります。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ●フットコントロールペダル

    前後にシーソー式に傾けることで方向転換する仕組み。このペダルを前に踏み込むと右方向へモーターが方向転換、後ろに踏み込むと左方向へモーターが方向転換し、ちょうどペダルが水平ぐらいの位置でまっすぐ直進方向となります。

フットコントロールエレキの基礎知識

  • フットコントロールタイプ
  • ●ポンド数・ボルト数

    ポンド数とは推進能力のこと。30ポンドから105ポンドまであるので、ボートの規模で選びます。 大きなバスボートなら大きなポンド数の方がいいですし、レンタルボートのような軽量ボートは36ポンド前後でも十分に使用できます。 ボルト数とはエレキを動かすのに必要な電圧を表しています。 各機種のヘッド部分にポンド数やボルト数が記載されています。
  • ハンドコントロールタイプ
  • ●フットコントロールペダル

    前後にシーソー式に傾けることで方向転換する仕組み。このペダルを前に踏み込むと右方向へモーターが方向転換、後ろに踏み込むと左方向へモーターが方向転換し、ちょうどペダルが水平ぐらいの位置でまっすぐ直進方向となります。